ネッカーの立方体

ネッカーの立方体1

ネッカーの立方体2

人間の眼は、眼前にあるものの姿から、意味ある形を常に見つけようとする。この図の場合、これを平面図形として意味ある形を探そうとすると、やや複雑にすぎる。意味ある図形としてまず目に入るのは立方体である。ところが中が空洞の、稜線だけが描かれた図になっているために、これを上から見下ろした図とも、下から見上げた図とも解釈できる。この図は、このような奥行きの反転現象を初めて報告したスイスの鉱物学者ネッカーの名をとって「ネッカーの立方体」と呼ばれている。