理系の雑学・豆知識

物理、化学、生物、数学、地学、宇宙についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

NE555で発振回路をつくる方法【回路図アリ】

高精度タイマー用IC NE555は、簡単な回路で、発振回路やタイマー回路を作ることができます。駆動電圧は、3~16Vと広く4~11Vの範囲で、安定した発振をします。

基本回路

基本回路は、回路図のようになります。回路を作るときの注意としてRaの抵抗を0ΩにするとICが、破壊されるのでRaの抵抗値は、0Ωにしてはいけません。また、Raの抵抗値よりRbの抵抗値を数倍にするほうが、よいようです。

発振周波数は、回路図のRa、Rbの値とコンデンサによって決定できます。

発振周波数は、下記の式で計算できます。

f = 1.44/(Ra + 2Rb)C
 f:周波数 Hz
 Ra、Rb:抵抗値 Ω
 C:コンデンサ容量 C

Ra = 50KΩ、Rb = 200KΩ、C = 0.1μF のときの発振周波数fは、

f = 1.44/(( 50 × 103 + 2 × 200 × 103)×0.1 × 10-6)
= 32 [Hz]

ここで、計算した値は抵抗とコンデンサの誤差を無視しているので、実際の
発振周波数にも誤差があります。