理系の雑学・豆知識

物理、化学、生物、数学、地学、宇宙についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

EPR相関とは:量子もつれによる時空を越えた世界の情報伝達原理

EPR相関とは、量子論において、「互いに相関する2つの粒子は、どんなに離れていても影響し合う」という現象のことです。

また、その現象が起きている量子状態のことを「量子もつれ」といいます。

量子もつれにおいては、2つの粒子は密接に相関して、1つの量子状態を共有しています。

1つの粒子は、もう一方の粒子の状態を常に知っていて、一方の粒子の状態を測定すると、もう一方の状態も同時に定まります。

EPR相関は、実験によって確認された事実です。

しかし、空間を超越した現象であるため、空間そのものの存在を否定することになってしまいます。

したがって、これは光速を超えた世界での話となります。

さらにこの不思議な現象は、距離だけではなく、時間的に離れている粒子についても同様に起きるといいます。

オーストラリアの量子物理学者S. Jay Olson氏によれば、「ある量子状態を途中の時間を飛ばして、未来に送ることが可能だ」というのです。

このような量子論に対して、相対性理論では空間が存在し、光速を超えられないことが前提となっています。

そのため、量子論と相対性理論は両立しえないのです。

しかし、それらは互いに批判をすべきではありません。

なぜなら、見ている世界が違うからです。

量子論は「時空を越えた世界」の事実を言っているのであり、相対性理論は「時空の世界」の事実を言っているのです。

EPR相関が知られる以前は、情報が伝わるためには時間を要すると考えられてきました。

事実、電話や無線、インターネットなどは、わずかではあっても時間を要するのです。

しかし、時空を超えた領域では、情報は瞬時に伝わってしまいます。

例えば、人の思いは、時空を超えた無形世界に属しているため、瞬時に伝えられます。

もし予感のような、何か感じることがあったら、それには注意したほうが良いでしょう。

誰かの重要なメッセージかも知れません。