理系の雑学・豆知識

物理、化学、生物、数学、地学、宇宙についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

シロダモ(白だも)の特徴・植生・植物文化を解説

クスノキ科シロダモ属
学名:Neolitsea sericea

■特徴・分布・生育環境   

常緑の高木で、高さ10~15mになります。雌雄異株です。

樹皮は緑色がかった暗褐色です。


葉は互生(互い違いにつく)で比較的大きくやや革質で厚く、長さ8~18cmほど、幅4~8cmほどの長楕円形で、葉先と基部は鋭三角形状です。

クスノキの仲間によくありますが、葉の主脈と左右の一対の支脈が目立ち「三行脈」と呼ばれ、シロダモでも目立ちます。葉は全縁(葉の縁にギザギザがない)で、葉裏は灰白色なのが特徴です。

葉をちぎるとクスノキ科らしく、どことなくミントに似た香りがあります。


秋に、枝先の葉腋に群がらせるように黄褐色の小さな花を多くつけます。果実が翌年の秋に熟すので、花と同時に見られます。

果実は、径1.5cmほどのほぼ球形で秋に赤く熟します。


宮城県・山形県以南の本州以西から朝鮮半島南部に分布します。

多摩丘陵では多くはありませんが、時々見られます。

▲シロダモの葉

▲シロダモの果実

▲シロダモの花(雌花)

▲シロダモの幹

▲シロダモの花と果実

■名前の由来

葉の裏が灰白色なので「白」で、江戸時代の別名に「シロタブ」があり、そこから「シロダモ」に転訛したものと言われています。


なお、同じクスノキ科の「タブノキ」の「タブ」の名の由来もはっきりとはしていません。一説には、朝鮮語の方言から転訛したという説がありますが、確かではないようです。あるいは、古い時代には大きな木が信仰の対象となっていて「霊(たま)」の木とされたことから、そこから「タブ」に転訛したという説もあります。


全く別種のモクセイ科の「アオダモ」にも「タモ」の名が現れていますが、同じく「タブノキ」から転訛したもののようです。


■文化的背景・利用

知られた詩歌や文芸などにはその名は現れていないようです。

江戸時代の「本草綱目啓蒙」に「シロダモ、一名シロタブ・・・」として現れています。同じく江戸時代の貝原益軒による「大和本草」などにもその名が現れているようです。


材は、やや柔らかく、器具材などに利用されます。古い時代には、果実の油を灯油やローソクに利用したようです。


■食・毒・薬

有毒であるという報告はないようですが、食用にはできないようです。

薬用にするという報告もありません。


■似たものとの区別・見分け方

多摩丘陵には似たものはありません。アオダモやヤチダモにも「タモ」の名がありますが、ともにモクセイ科で全く別種です。