ジュールの法則とはなにか

 電流によって発生する熱の量は、流れる電流の大きさ(I)の2乗と導体の電気抵抗の大きさ(R)に比例する(つまりI2R)というものでした。
これは「ジュールの法則」と呼ばれている法則ですが、電磁誘導による電流(交流)でも、この法則があてはまることを実験で示しています。
W 抵抗Rで発生する熱(J/s ジュール/秒、又はW ワット)

f:id:BNB:20190421140211g:plain

      I 電流(A) 、R 抵抗(Ω)