理系の雑学・豆知識

物理、化学、生物、数学、地学、宇宙についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

磁場・磁界について解説

磁界(じかいmagnetic field) (物理系では磁場(じば))は動いている電荷(電流)が作るのですが、電荷を持つ素粒子のもう一つの性質(素粒子の自転;スピン)も磁界を作っています。
磁界は周囲の磁石や電流に力を及ぼす場、また空間のことで、有限な速度(光の速度)で伝わり、その中に磁極が入ると磁極に力が発生します。
磁界中を荷電粒子(電荷を持つ粒子)が移動すると力が生じます。それをローレンツ力(Lorentz force)といいます。

 

f:id:BNB:20190420160041g:plain

磁界の強さ(H)・磁束密度(B)

電流によって作られる磁界の強さ(H)はビオ・サバールの法則やアンペールの法則によって求められます。導線をn回巻きつけたコイルに電流(I)を流したときのコイル内部の磁界の強さ(H)はn×I(AT)になります。
磁力線を定量化した磁束(じそく magnetic flux )の密度(B)はB =μ×H(Wb/m2)で表され、μは物質の透磁率で磁気の通りやすさを示す係数です。