理系の雑学・豆知識

物理、化学、生物、数学、地学、宇宙についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

化学-有機化合物

有機化合物の分離

抽出 多くの有機化合物は水に溶けにくく、有機溶媒に溶けやすい。そこで、有機化合物をエーテルやヘキサンなどの有機溶媒に溶かしておく。そこへ、酸、塩基の水溶液順次加え振り混ると、特定の成分だけが中和され、塩の形となり、有機溶媒層から水層へと転溶…

芳香族化合物

1)芳香族炭化水素 分子中にベンゼン環をもつものを芳香族炭化水素という。ベンゼン(C6H6)は6個の炭素原子が正六角形の環を形成する。ベンゼン環の炭素原子間の結合は、単結合と二重結合が交互にできている。 主な芳香族炭化水素 芳香族炭化水素の反…

脂肪族酸素化合物 (カルボン酸,酸無水物,エステル)

3)カルボン酸と酸無水物 カルボン酸 分子中にカルボキシル基-COOHを持つ化合物を総称してカルボン酸という。第一級アルコールを酸化して得られるアルデヒドをさら酸化にすることによって得られる。分子中に含まれるカルボキシル基の数により、1価(モノカ…

脂肪族酸素化合物 (アルコール,エーテル,ケトン)

これまでに学習してきた炭化水素(アルカン、アルケン、アルキン)はCとHだけからなる化合物であった。ここでは、さらにO酸素を含んだ化合物について学習していく。 1)アルコールとエーテル アルコール 炭化水素の水素原子をヒドロキシ基-OHで置き換…

脂肪族炭化水素

1)飽和炭化水素(アルカン) 直鎖の飽和炭化水素(二重結合や三重結合を持っていない炭化水素)はアルカンと総称される。メタン系炭化水素またはパラフィンとも呼ばれる。 アルカンの一般式はCnH2n+2で表される。また、これらの共通の一般式で表される一群…

有機化合物の元素分析

1)成分元素の検出 元素 操作 生成物 生成物の検出反応 C 酸化する CO2 石灰水に通すと白濁する。 H H2O 硫酸銅(Ⅱ)無水物に作用させると白から 青に変わる。 N 酸化カルシウムと混合して加熱 NH3 濃塩酸を近づけると塩化アンモニウムの白煙を上げる。赤リ…

有機化合物の特徴

1)有機化合物と無機化合物 炭素C含む化合物を有機化合物といい、炭素以外の元素からなる化合物を無機化合物と区別している。 有機化合物 無機化合物 化学結合 共有結合による分子からなる イオン結合による塩からなる 融点 一般に融点は低い(300℃以下)。…